m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護師の特定行為、具体化に向けて検討開始◆Vol.28

看護師の特定行為、具体化に向けて検討開始◆Vol.28

分類方法めぐり委員対立、進展はなし

2012年1月25日 京正裕之(m3.com編集部)


厚生労働省の「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:有賀徹・昭和大学病院長)の第18回会議が1月24日に開かれ、医師の包括的な指示に基づいて特定看護師(仮称)が行う特定の医療行為(特定行為)を具体的に分類する議論を始めた。しかし、厚労省が提示した分類方法のたたき台をめぐり委員の意見が分かれ、大きな進展はなかった。次回以降も引き続き特定行為の範囲について議論する。特定看護師(仮称)をめぐっては、チーム医療推進会議や社会保障審議会医療部会で制度化するための看護師特定能力認証制...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。