m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>医師3人体制の在支診・在支病を評価

医師3人体制の在支診・在支病を評価

退院調整、訪問看護などで医療と介護の連携強化

2012年1月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


1月27日の中央社会保険医療協議会総会(会長:森田朗・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、在宅医療や医療と介護の連携の関係では、医師3人体制の在宅療養支援診療所(在支診)や在宅療養支援病院(在支病)の評価などの在宅医療の充実、在宅療養への移行がスムーズに進むような退院調整、訪問看護の充実などの方向性が打ち出された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。在支診と在支病では、従来の要件に加え、(1)所属する常勤医師が3人以上、(2)過去1年間の緊急の往診実績5件以上、(3)過去1年間の看取り実績...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

費用対効果評価制度のROIを検証する必要? 2021/4/21

診療側と支払い側がさっそく対立 2021/4/21

片頭痛発作の発症抑制薬など計12成分18品目を収載へ 2021/4/14

超高額薬価「キムリア」値下げ決定 2021/4/14

不妊治療の保険適用、中医協での議論の範囲は? 2021/4/14

3411万円のキムリア、新薬価案は4~5月頃に公表 2021/3/26

医師の負担軽減には医療クラーク配置、医師増員 2021/3/25

後発医薬品の調剤変更「診療報酬上の見直し必要」 2021/3/24

1回目の宣言下で受診間隔延長等、健康に影響「およそ3割」 2021/3/24

医療機関の減収1.2兆円、2020年4月~11月 2021/3/11

「コロナ補正」困難、2020年度改定の経過措置などを延長 2021/3/10

吸入ステロイドと合成抗菌剤の新薬を保険収載へ 2021/2/10

ライソゾーム病8疾患の製剤11種類、「在宅自己注」可能に 2021/2/10

3000万円台の薬が再登場か、2番目のCAR-T細胞療法が保険収載へ 2021/2/3

COVID-19重症化リスク評価用検査、保険適用 2021/2/3

医療経済実態調査の「単月追加」容認、中医協調査実施小委 2021/2/3

「中医協に諮らず診療報酬上の臨時措置」支払側が問題視 2021/1/27

不妊治療、保険適用議論に際し実態把握求める声多数 2021/1/13

中医協「沈黙」で中間年薬価改定の手法を了承 2021/1/13

在宅自己注射の対象に追加、診療報酬改定を待たずに対応へ 2020/12/23