m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「良い意味での産業化と悪しき営利産業化」を峻別

「良い意味での産業化と悪しき営利産業化」を峻別

日医、医療政策会議の報告書を公表

2012年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は2月8日の定例記者会見で、日医医療政策会議(議長:田中滋・慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)の「医療を営利産業化していいのか」と題する報告書を公表した(資料は、日医のホームページに掲載)。同会議は2010年7月に第1回会議を開催、今年1月に報告書をまとめた。日医副会長の中川俊男氏は、TPP(環太平洋経済連携協定)や総合特区構想などの動きがあり、「医療を取り巻く環境は、営利産業化に向けて進んできた」と昨今の民主党政権の動きを分析。その上で、「医療本体の営利産業化を許してはならないこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。