m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「最悪のシナリオを書くべき」「世界に手本を示す好機」◆Vol.2

「最悪のシナリオを書くべき」「世界に手本を示す好機」◆Vol.2

被災3県から:震災の教訓

2012年3月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


【被災3県から:教訓】岩手県・津波の恐れのあるところに街づくりを行うのはいかがかと思う。以前、昭和の津波の被害を受け、壊滅的な被害を受けた町がある。その町は同じところに街を再建し、高い堤防を作ったが、今回も被災した。よく、テレビで取り上げられる。一方、津波は来るものとあきらめ、住宅地などを山手に作り、移住した町がある。そちらは、津波の死者は1人だけであった。しかし、被害のないところはマスコミも注目しない。誰にも評価されないが、被害の出ないところに移住する選択肢をもっと声高に叫ぶべきである(公立病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事