m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「医師不足」が一番の問題、被災3県医師◆Vol.6

「医師不足」が一番の問題、被災3県医師◆Vol.6

復政府の対応の遅れを指摘する声も多数

2012年3月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


被災3県の回答者に、現在困っている点を聞いたところ、「医師不足」を挙げた医師が最も多く、半数を超えた(複数回答)。次いで多かったのが、「医師以外の医療従事者の不足」。被災地では、被害が甚大だった沿岸部から内陸に移ったり、福島第一原発の周辺地域からの人材の流出が続いている。この人手不足の問題は、様々な要因が絡むため、各医療機関独自で対応できない部分も多い。政府・行政の対応に関しては、政府の遅れを指摘する声が最も多く39%、県が35%で続き、市町村は21%で政府の半数程度にとどまった。政府の対応の遅...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事