m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医の地域偏在解消、諸外国でも苦慮

専門医の地域偏在解消、諸外国でも苦慮

海外5カ国の専門医制度についてヒアリング

2012年3月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿自治医科大学長)の第6回会議が3月8日に開催され、日本専門医制評価・認定機構理事の八木聡明氏が海外5カ国の専門医制度を説明した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。八木氏が取り上げたのは、米国、イギリス、韓国、ドイツ、フランスにおける内科や外科などの基本領域の制度。各国に共通しているのは、日本のように学会ごとに認定する制度ではなく、国あるいは第三者組織、医師会が管理する形で専門医制度を運営している点だ。また日本のように自由標榜制でもな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事