m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「医師は、“災害対応力”という二つ目の専門を」

「医師は、“災害対応力”という二つ目の専門を」

日医医療政策シンポジウム、「災害医療と医師会」を開催

2012年3月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


3月11日に開催された日本医師会の2011年度医療政策シンポジウム「災害医療と医師会」で、世界医師会長で、前ブラジル医師会長のホセ・ルイス・ゴメス・ド・アマラール氏が講演、「世界に安全な場所などない。この10年、自然災害の頻度は増している。医師には、あらゆる緊急事態を想定した災害対策の取り組みの中で、大量の死傷者の確認、診断、治療といった作業への一層の熟練が求められる」と述べ、2011年10月ウルグアイで開催された世界医師会で、「災害対策と医療の対応に関するモンテビデオ宣言」を採択したことを紹介...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

東日本大震災から1年(検証・教訓)に関する記事(一覧

「医師は、“災害対応力”という二つ目の専門を」 2012/3/11