m3.com トップ>医療維新>オピニオン>指導・監査・処分の「3つの不幸」◆Vol.3

指導・監査・処分の「3つの不幸」◆Vol.3

保険医の権利として立会人選任権を定める法改正を

2012年4月18日 石川善一(弁護士)


7.健康保険法改正(規定)の両面憲法31条は、「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない」と定めている。多数の学説は、その「法律」は「適正な法律」でなければならならず、かつ「手続」のみならず「実体」も同様であって、その趣旨は、「刑罰」のみならず「行政上の不利益処分」にも及ぶべきであると解している。したがって、保険医等に対する取消処分について定める健康保険法も、次のような両面の改正が必要である。(1)適正な実体規定への改正(病理現象の原因...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。