m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医師会・...>「3人の候補に相違なし」は不本意、安達選対本部長

「3人の候補に相違なし」は不本意、安達選対本部長

森・京都府医師会会長、「3つのC」で違い訴える

2012年3月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長選挙に出馬する、京都府医師会会長の森洋一氏の「日本医師会会長候補を支援する総決起集会」が3月18日、東京都内のホテルで開催された。都道府県医師会幹部をはじめ、全国から100人強が参加。京都府医師会会長の森洋一氏は、国民の支持、信頼を得ることで、強い日医にすることを強調。冒頭で挨拶した、選挙対策本部長を務める京都府医師会副会長の安達秀樹氏は、「3人の候補者に相違がない、と言われるのは不本意。日医改革の方向性は明らかに違う。また『青臭い』『理想主義』と批判されることがあるが、この6年間...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事