m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医師の不正行為の防止には自浄作用が重要

医師の不正行為の防止には自浄作用が重要

日医の「会員の倫理・資質向上委員会」が答申

2012年3月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は3月22日の定例記者会見で、「会員の倫理・資質向上委員会」の答申、「会員の倫理・資質向上に向けた実践的な取り組みのさらなる推進」を公表した(資料は、日医のホームページに掲載)。「会員の倫理・資質向上委員会」の答申を説明する、常任理事の藤川謙二氏。答申の骨子は、3点。(1)日医は地域医師会での倫理・資質向上に向けての活動を支援する、(2)医師の不正行為あるいは不適切行動の防止には、地域医師会での会員の自浄作用活性化が重要であり、患者や医師などからの苦情・通告を受け取る窓口設置と、その対...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。