m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「医師の健康確保、医療の質向上に不可欠」

「医師の健康確保、医療の質向上に不可欠」

日医委員会、「勤務医の労働時間ガイドライン」作成を提言

2012年3月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は3月28日の定例記者会見で、「勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会」の報告書を公表した。勤務医の健康支援のために「勤務医の労働時間ガイドライン」を作成する意義と作成する際に考慮すべき点を示したのが骨子(資料は、日医のホームページPDF:1.1MBを参照)。日医常任理事の今村聡氏は、ガイドライン作成の意義を「医師の健康を確保することは、医師のみならず、家族、社会にとって重要であり、医療の質の向上を図り、国民の健康を確保する基盤になる。さらに、医療機関の健全な運営にも不可欠」と説明...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。