m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>医療5団体の事故調案、「共通点と差異あり」◆Vol.5

医療5団体の事故調案、「共通点と差異あり」◆Vol.5

調査に関する検討部会、「院内事故調を優先」では一致

2012年3月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第2回会議が3月29日開催され、事故調査に関する提言等を行っている医療関係団体へのヒアリングを実施した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。対象は、日本医師会、日本医療法人協会、日本病院会、全日本病院協会、全国医学部長病院長会議の5団体。座長を務める、山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授。5つの団体に共通していたのは、第三者による医療事故調査委員会ではなく、院内事故調査委員会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事