m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医師会・...>日医新会長に横倉氏、「オール・ジャパンで取り組む」

日医新会長に横倉氏、「オール・ジャパンで取り組む」

副会長は今村氏、中川氏、羽生田氏、大阪・松原氏は落選

2012年4月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月1日に実施された日本医師会役員選挙で、現職日医副会長の横倉義武氏が、現職会長の原中勝征氏との決選投票の結果、28票差を付けて当選した。有効投票総数356票のうち、横倉氏は192票を獲得、原中氏は164票だった。日医会長選挙は、有効投票総数の2分の1以上の獲得が条件であり、1回目の投票では、356票中、横倉氏が154票、原中氏が137票、京都府医師会会長の森洋一氏が65票という結果で、決選投票に至った。日医役員選挙後の記者会見で、握手し合う日医執行部(左から、中川俊男副会長、横倉義武会長、羽生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事