m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医師会・...>原中前会長の落選の弁、「実績評価されず、残念」

原中前会長の落選の弁、「実績評価されず、残念」

新体制の注目点は、横倉新会長の政治との関係

2012年4月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


決選投票の末、現職会長を破った横倉義武氏の勝利に終わった2012年の日本医師会会長選挙(『日医新会長に横倉氏、「オール・ジャパンで取り組む」』を参照)。当初は「三つ巴の戦い」とも言われたが、1回目の投票は、154票の横倉氏、137票の原中勝征前会長の一騎打ちの格好で、京都府医師会会長の森洋一氏は65票に終わった。決選投票では、横倉氏192票、原中氏164票だった。都内ホテルで開催された選挙報告会で挨拶する、前日医会長の原中勝征氏。原中氏は、選挙後、都内ホテルで開催された報告会で、2010年4月の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事