m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「日医の綱領」の策定目指す、横倉新会長

「日医の綱領」の策定目指す、横倉新会長

全医師の結集と国民の理解を得るのが目的

2012年4月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会の定例代議員会が4月2日開催され、新会長に就任した横倉義武氏は、「日本医師会の綱領」を検討し、日医の目標や理想を会員ならびに国民に示す方針であることを明らかにした。この綱領策定は、日医会長選挙の横倉氏のマニフェストの第一に、「日本医師会の基本理念の明確化と発信」を掲げていたことを踏まえたもの。日医会長に就任したばかりの横倉義武氏は、綱領策定、地域医療の重要性、医学の進歩の臨床現場での普及に言及した。横倉氏は、「多くの団体は、自分たちが目指すべき理念、方向性を綱領として定めている。日医の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。