m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>集団的個別指導、「在支診」のみ別建てで

集団的個別指導、「在支診」のみ別建てで

鈴木日医常任理事が明らかに、2012年度から試行

2012年4月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月2日に開催された日本医師会定例代議員会で、日医常任理事の鈴木邦彦氏は、診療所の集団的個別指導で、在宅療養支援診療所(在支診)については、別建てで実施する方針であることを明らかにした。2012年度から全国で試行的に実施する。集団的個別指導は診療所の場合、診療科別のレセプト1件当たりの平均点数の1.2倍以上の医療機関のうち、上位約8%に該当する施設を対象に実施される。翌年度も上位施設に該当すれば、翌々年度に個別指導の対象になる可能性がある。内科関係では、在宅を実施する場合、高点数になる傾向がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。