m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「財務省主導の改定」が一層明確に、中川日医副会長

「財務省主導の改定」が一層明確に、中川日医副会長

地域連携における医師会の重要性も強調

2012年4月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月2日の日本医師会代議員会で、副会長に再任された中川俊男氏は、2012年度診療報酬改定を振り返り、「財務省が改定の各論まで口を出し、財務省が主導権を握っていることが、さらに明確になった。今後は戦い方を修正していくことが必要」と語った。中川氏は、「今改定は、医科本体は4700億円のプラスになった。特筆すべきは、財務省は抵抗したが、前回改定と異なり、入院と入院外の財源配分を決めさせなかったこと」と説明。2010年度改定では、入院対入院外の財源比率は11対1だったのに対し、今改定では2対1となった。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。