m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>全医師の日医加入を求め、質問が集中

全医師の日医加入を求め、質問が集中

「日医生涯教育が専門医の条件」などの提案も

2012年4月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月2日の日本医師会の定例代議員会では、8つの各地域代表によるブロック質問、11の個人質問が行われたが、勤務医の加入や組織率の向上を通じて日医の発言力、プレゼンスを高める必要性が相次いで指摘された。栃木県代議員の福田健氏は、「勤務医の加入率は5割に満たない。加入を進めても、『メリットは何か』と聞かれる。日医の求心力の低下はこまぬいているわけにはいかない。文部科学省、厚生労働省、各医学系学会などに働きかけ、日医が医療制度や医の倫理について責任を持って試験を行い、その認定証の取得を専門医取得の条件と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。