m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医学部の安易な新設は許さず、横倉日医会長

医学部の安易な新設は許さず、横倉日医会長

医師不足問題、残る課題は診療科偏在との認識

2012年4月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


「医学部定員は、既に13校分くらいは、ここ数年で増えている。歯学部では定員増のために、入学者が定員割れし、50%のところもある。日本医師会は従来から主張しているが、医学部を安易に新設することは果たしていいのか、しっかりと考えていかなければいけない」4月4日、日医新執行部が誕生して最初の定例記者会見が、横倉義武会長と3人の副会長出席で開催された。その席上、横倉会長は、医学部新設の是非についてこう回答し、中川俊男・日医副会長が4月2日の定例代議員会で語ったことと同様に、今の「医師不足」問題は、絶対数...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。