m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「実質的な電気料金、再値上げ」、日医懸念表明

「実質的な電気料金、再値上げ」、日医懸念表明

再生可能エネルギー特措法、医療機関の負担は大幅増

2012年4月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は4月11日の定例記者会見で、「再生可能エネルギー特措法」による、「実質的な電気料金の再値上げ」への懸念を表明した(資料は、日医のホームページに掲載)。同法に基づき、「賦課金が課されることになれば、医療経営は一層悪化する」と指摘する要望書を、四病院団体協議会とともに、3月31日付けで、枝野幸男・経済産業大臣宛てに提出している。再生可能エネルギー特措法は2011年8月に成立。太陽光発電などを用いて発電する「特定供給者」の電力を、東京電力等の電気事業者は買い取る義務があり、その買い取り価格...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。