m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>「無過失だけ補償制度」、産科医療補償制度を批判

「無過失だけ補償制度」、産科医療補償制度を批判

医療制度研究会で井上弁護士、行政処分との連動も懸念

2012年5月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月12日に開催されたNPO法人医療制度研究会の講演会「障害の補償か過失の判定か、産科医療補償制度の本質を議論する」で、井上法律事務所の井上清成氏が「産科医療補償制度は私的制裁であり私的裁判である―医療事故調の誤った実際例」、池下レディースチャイルドクリニック院長の池下久弥氏が「本制度のために産科医療が崩壊する―現場の声」と題してそれぞれ講演。また東京都助産師会専務理事を務めていた松が丘助産院の宗祥子氏が指定発言した。弁護士、産婦人科医、助産師それぞれの立場から、3人は異口同音に現行の産科医療補...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。