m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>重度脳性麻痺、3割弱は原因特定できず

重度脳性麻痺、3割弱は原因特定できず

産科医療補償制度、第2回再発防止報告書公表

2012年5月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医療機能評価機構の産科医療補償制度再発防止委員会は5月14日、記者会見を開き、「第2回再発防止に関する報告書」を公表した。2011年12月までに公表された原因分析報告書79件を分析した結果、制度の補償対象となる重度脳性麻痺の主たる原因が判明したのは58件(73.4%)で、残る21件(26.6%)は「原因が明らかではない、または特定困難」とされた。報告書公表は2011年8月の第1回に続いて2回目で、第1回の15件も今回の分析対象に含まれる。79件の内訳は、病院49件、診療所29件、助産所1件。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。