m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医学生向け情報誌『ドクタラーゼ』創刊、日医

医学生向け情報誌『ドクタラーゼ』創刊、日医

6万1000部発行、大学、高校、予備校に配布

2012年5月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は5月16日の定例記者会見で、医学部学生向けの無料の情報誌『DOCTOR-ASE(ドクタラーゼ)』を4月25日に創刊したことを公表した。年4回の発行で、創刊号は6万1000部。全国80の医学部・医科大学(5万1000部)、医学部進学率が高い31の高校(2500部)、医学部受験のための予備校3カ所、各医師会などを配布した。『DOCTOR-ASE(ドクタラーゼ)』について説明する、今村聡・日医副会長。日医副会長の今村聡氏は、創刊の理由を、「『DOCTOR-ASE』は、医学生がこれからの医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。