m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医は「スーパードクター」にあらず

専門医は「スーパードクター」にあらず

中立的第三者機関で認証、総合医も基本領域に、論点項目素案

2012年5月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿日本医学会会長)の第7回会議が5月18日に開催され、「論点項目」(素案)について議論した。「論点項目」(素案)では、「専門医」を「神の手を持つ医師」や「スーパードクター」ではなく、「それぞれの診療領域において十分な経験を持ち、安心・安全で標準的な医療を提供できる医師」と定義。その上で、専門医制度の質保障のほか、医師の地域偏在や診療科偏在の是正などを進めるために、「専門医の認定を学会から独立した中立的な第三者機関が実施する」方針を打ち出し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事