m3.com トップ>医療維新>レポート>急性期病床群、二つの変更迫られる

急性期病床群、二つの変更迫られる

一般病床全体の機能分化へ、今国会の法案提出ほぼ不可能

2012年5月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「急性期医療に関する作業グループ」(座長:田中滋・慶應義塾大学経営大学院教授)が5月31日に開催され、厚労省が前回会議の議論を踏まえた案を提示(『「急性期病床群」、日医が反対姿勢崩さず』を参照)、一方で日本医師会は「対案」(副会長の中川俊男氏)を提案して議論(資料は、厚労省のホームページに掲載)。急性期医療に関する作業グループはさらに1回、議論し、社保審医療部会に報告する予定。会議後、厚労省は、「一般病床の機能分化を進めること、またそのためには現状把握が必要であるという、基本的方向性...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医療安全、「公共政策」としての取り組み必要 2018/2/19

首相「なるべくしてなった」、横倉・世界医師会長就任祝賀会 2018/2/17

医療事故等の警察への届出、2017年はピーク時の2割弱 2018/2/17

11医療機関を「中核拠点病院」に選定 2018/2/14

地域がん診療連携拠点病院、体制によりA~Cに分類 2018/2/14

特定臨床研究、施行規則を了承、4月から施行 2018/2/13

90歳藤巻医師「人生のお土産いただいた」 2018/2/9

2018年度国公立全50大学の医学部入試志願倍率速報! 2018/2/9

全自病邉見氏「病院に厳しく、診療所に手厚く」 2018/2/9

オンライン診療普及に向け「倫理指針」「ガイドライン」3月公表 2018/2/8

神奈川県知事が土屋理事長を解任、放射線科医一斉退職問題 2018/2/6

大川がんセンター病院長を更迭、神奈川県立病院機構 2018/2/3

神奈川県病院機構、県に真っ向から反論、医師退職問題(2月3日追記) 2018/2/2

厚労省の「働き方改革の論点整理」に対案提示へ 2018/2/1

日医横倉会長、介護報酬改定を評価 2018/2/1

「臨床医学論文、日本は30位以下」と警鐘鳴らす、福原京大教授 2018/2/1

受動喫煙対策「一歩でも二歩でも進めて」日医横倉会長 2018/1/31

慶大医学部のビジネスコンテスト、スマホで眼科診療ベンチャーが優勝 2018/1/30

「退職医師はわがままでは」、県議会で指摘 2018/1/30

「配置医師緊急時対応加算」を新設、2018年度介護報酬改定 2018/1/27