m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>“事故調”、大筋で一致も各論では差異◆Vol.7

“事故調”、大筋で一致も各論では差異◆Vol.7

目的は「原因究明と再発防止」、処分との分離が課題

2012年6月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第4回会議が6月14日開催され、医療事故調査の仕組みのあり方のうち、(1)調査を行う目的、(2)調査を行う対象や範囲、(3)調査を行う組織――について議論した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。(1)の目的は、「原因分析と再発防止」であり、(2)の対象と範囲については、死亡事例をメーンにし、医療機関と患者のいずれの依頼も受け付けるという点でほぼ一致。ただし、(3)の調査を行う...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事