m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>政府の社会保障改革、「評価」と「懸念」

政府の社会保障改革、「評価」と「懸念」

横倉日医会長、国民皆保険堅持を改めて強調

2012年6月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の横倉義武氏は6月27日の定例記者会見で、社会保障制度改革推進法案を含む消費税関連法案が6月26日に衆議院で可決されたのを受け、「一定の評価をする」としたものの、社会保障制度改革推進法案については国民皆保険が崩される懸念があると指摘、今後、設置される社会保障制度改革国民会議に日医が委員として入るなどして、注視していくと述べた。横倉義武・日医会長は、社会保障制度改革国民会議の委員に日医役員が任命されることを要望するとした。横倉氏は、「一定の評価をする」とした理由として、社会保障のため...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。