m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医認定の第三者機関、来年度の設立目指す

専門医認定の第三者機関、来年度の設立目指す

質の担保、医師の地域・診療科偏在解消が目的

2012年7月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


7月6日の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿日本医学会会長)の第9回会議で、厚生労働省は「中間まとめ」(案)を公表した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。現行の学会認定の専門医制度から、中立的な第三者機関が認定する制度への変更のほか、現在の18の基本領域の上に、サブスペシャリティの専門医を取得する二階建ての仕組みとし、その基本領域の一つとして、「総合医」(または総合診療医)の追加を提言したことが特徴。さらに医師の地域および診療科偏在の解消に向け、全国と都道府県レベルで、各診療領...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事