m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度、当初見込みの半数か

産科医療補償制度、当初見込みの半数か

運営委員会開催、大幅な余剰金も予想

2012年7月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度運営委員会が7月20日に開催され、2009年1月の制度開始から2012年6月末までの審査件数は357件、うち補償対象は327件に上ることが報告された。2009年の出生児に限ると、審査件数199件に対し、補償対象は175件(対象外となった24件のうち、12件は「再申請可能」)。産科医療補償制度の補償申請期間は原則、満1歳から満5歳の誕生日まで。今後もこれまでのペースで申請が行われると仮定した場合、2009年出生児の申請期間終了時の補償対象は、約320件と計算される。産科医療補償制度...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。