m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度で訴訟は増加するか

産科医療補償制度で訴訟は増加するか

医療制度研究会、昭和大・岡井教授ら3人が公開討論会

2012年7月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


NPO法人医療制度研究会主催の公開討論会「産科医療補償制度の本質を議論する」が7月22日、東京都内で開催された。同研究会は5月に産科医療補償制度に関する講演会を開いたが、議論を尽くせなかったことから、企画されたのが今回の公開討論会だ(『「無過失だけ補償制度」、産科医療補償制度を批判』を参照)。焦点になった一つが、損害賠償請求事例が増えるか否かなど、産科医療補償制度が責任追及につながるかという点。しかしながら、この点も含め、3人の演者の主張は明確になったものの、相互の意見の相違などを掘り下げ、産科...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。