m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医師法21条の新ガイドライン策定を

医師法21条の新ガイドライン策定を

日病委員会が提案、“医療事故調”議論にも着手

2012年7月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本病院会は7月30日の定例記者会見で、28日の常任理事会で報告された「医療の安全確保推進委員会」の「医師法21条に関する検討」の内容を紹介した。基本的考え方として、「医師法21条自体を変えることは非常に難しく、法律自体をなくすことはほとんど不可」と提示。その理由として、医療行為に関連した死傷に限って21条部分を改正することは法体系上困難である上、医療事故のみを完全に「非犯罪化」扱いすることは無理、という2点を挙げている。その上で、「21条の適応や考え方の修正を目指す」方針を掲げている。具体的に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。