m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>院外処方診療所、6割が「一般名処方加算」

院外処方診療所、6割が「一般名処方加算」

日医調査、「時間外対応加算」は無床診の26%

2012年8月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会が実施した2012年度診療報酬改定に関する調査結果によると、今改定で新設された「一般名処方加算」(2点)を算定しているのは、院外処方の診療所の61.0%に上ることが明らかになった。院内処方の診療所を含めた全体では34.8%。8月1日の定例記者会見で公表した。同加算の新設を機に、一般名処方が普及している現状が伺えるが、日医常任理事の鈴木邦彦氏は、「院外処方であっても30.9%は加算を算定していない」と説明、(1)後発医薬品の安全性について引き続き注視する、(2)後発医薬品の使用拡大と医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。