m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医制度、総合医と第三者機関を軸に見直し

専門医制度、総合医と第三者機関を軸に見直し

「中間まとめ案」をほぼ了承、今後の検討課題は山積

2012年8月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿日本医学会会長)の第10回会議が8月3日に開催され、「中間まとめ案」をおおむね了承した。専門医の認定と、養成プログラムの評価・認定という二つの機能を担う、第三者機関を設置するほか、「総合医・総合診療医」を、現在18ある基本領域の専門医の一つとして位置付けるのが柱。厚労省は、2013年度の予算概算要求で、総合医養成と第三者機関の設置を支援する予算を要求することを視野に入れている。今後、3日の議論を反映して、「中間まとめ」を作成、8月中の公...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事