m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医療事故、第三者機関への全例届出は不要

医療事故、第三者機関への全例届出は不要

日医、「関係団体の意見にほとんど相違なし」

2012年8月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は8月2日、医療事故調査制度をテーマに記者懇談会を開催、日医常任理事の高杉敬久氏は、現在検討している日医案では、「医療行為に関連した死亡」の届出先を警察ではなく第三者的機関にするとしたものの、全例の届出は想定していないと説明した。「届出が必要なのは、医療過誤、説明できない死亡、予期しない死亡など、『これは第三者の目による調査が必要』と思われる事例。説明できる経過があり、院内で解決できるのであれば、届け出る必要はない。その結果、第三者的機関への届出数は限定されることになるだろう」(高杉氏...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。