m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>政府は皆保険の放棄か、看過できずと日医

政府は皆保険の放棄か、看過できずと日医

国民会議の“日医外し”、「強い憤りを感じる」

2012年8月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の横倉義武氏は8月22日、同月10日に成立した社会保障制度改革推進法関連について会見し、消費税率の引き上げにより社会保障の安定的財源が確保され、消費税収を医療などの社会保障に充当することが明確化されたことを評価(資料は、日医のホームページに掲載)。しかし、一方で、同法には、「原則として」というただし書き付きで「すべての国民が加入する仕組みを維持する」と記載され、例外を作る可能性が示唆されている点を問題視。横倉会長は、「国民皆保険はすべての国民の加入が大前提であり、皆保険を放棄するか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。