m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>鳥取・開業医自殺、「監査・医師会立会は適正」

鳥取・開業医自殺、「監査・医師会立会は適正」

日医が見解、指導・監査等の見直しを厚労省に要望

2012年8月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は8月22日の記者会見で、同月9日付けで厚生労働省に提出した、「指導・監査等の見直しについての要望」を説明するとともに、鳥取県の開業医が監査を苦に自殺したとされる事例について、「監査も医師会の立会も適正に行われていたと理解している。本件について、厚労省保険局としてしっかり対応してもらいたい」との見解を公表した(資料は、日医のホームページに掲載)。鳥取県の開業医の自殺事例とは、鳥取市で「プラザクリニック」を開業していた増田聡子氏が、診療報酬の不正請求を理由に、2007年11月1日付けで保...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。