m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「日本再生戦略に大きな問題あり」、日医が批判

「日本再生戦略に大きな問題あり」、日医が批判

市場原理主義への反省が消失、公的保険の縮小を懸念

2012年8月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は8月29日の定例記者会見で、政府が7月31日に閣議決定した「日本再生戦略」に関する見解を公表した(資料は、日医のホームページに掲載)。日本再生は急務であり、ライフ分野の成長戦略には日医としても貢献していくとしたものの、市場原理主義への反省が消失したという大きな問題があるとした。会見した日医副会長の中川俊男氏は、「2010年の新成長戦略には、『それまでの行き過ぎた市場原理主義に基づいた生産性重視の経済政策は失敗であった』と述べているが、日本再生戦略にはそうした文言が一切ない」と問題視、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。