m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>解剖重視で一致も、病理医不足が課題◆Vol.9

解剖重視で一致も、病理医不足が課題◆Vol.9

「第三者機関に幅広い調査権限を」との意見も

2012年8月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第6回会議が8月30日に開催され、これまでの議論を整理するとともに、新たなテーマとして第三者機関が行う実務について議論した。会議の冒頭、厚生労働大臣政務官の藤田一枝氏は、「いろいろな意見はあるが、少しずつ論点が整理されてきた。次回辺りで議論が一巡できるのではないか」と挨拶。これまでの議論で意見の一致を見たのは、医療事故について院内調査だけでなく、第三者の立場で調査を行う機関の必要...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事