m3.com トップ>医療維新>オピニオン>厚生労働省の幹部人事を読み解く

厚生労働省の幹部人事を読み解く

「官僚的な規律に従った人事」が復活か

2012年9月7日 元厚生労働省官僚


先日発表されたこの9月の厚生労働省の幹部人事を全体として見ると、世間一般では村木厚子氏の社会・援護局長就任などが話題となっているが、その陰では、旧来からのしきたりに戻ったという意味で、おおむね官僚的な規律に従った人事が行われたという印象だ。主だった人事を取り上げながら、その点を詳しく見てみたい。事務次官は6年ぶりに旧労働省出身阿曽沼慎司事務次官の後任には旧労働省出身の金子順一労働基準局長が就任し、旧厚生省出身で、金子氏と同期の大谷泰夫医政局長は厚生労働審議官に就任する。旧労働省出身で次官就任は戸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

ハンガリーの医学部進学、本当に最善の選択か? 2019/12/29

「国際潮流と日本のメンタルヘルス政策」聴講記 2019/12/28

「中村先生の訃報、魂を失うような感じを覚えた」 2019/12/8

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.2 2019/11/20

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.1 2019/11/20

問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感 2019/3/10

“ウザい指導医”になってないか心配じゃないですか? 2019/1/27

病院勤務医の一般外来診療をやめるべし 2019/1/6

公開中止の映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」 2018/11/23

2018年ジョン・マドックス賞受賞者は「元ナチュロパシー医」 2018/11/19

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【後編】 2018/11/17

3度の肉体的危機を乗り越えた開業医の『国民皆保険ものがたり』【前編】 2018/11/11

国立保健医療科学院における診断支援研究 2017/8/10

「村上智彦先生が遺したもの」 2017/5/19

「基幹施設は大学が基本」が招く産科医療の危機 2017/2/7

医療事故調査・支援センター、今すぐにできること 2017/1/22

外来1回3円、入院1日12円で無過失補償制度が実現可能 2016/12/2

群馬大学病院事件を防ぐ:新規診療許可制度私案 2016/10/9

群馬大学病院事件を考える:認識、想像力、柔軟な発想 2016/10/2

“大学依存”では医師のキャリア拓けず 2015/8/8