m3.com トップ>医療維新>オピニオン>厚生労働省の幹部人事を読み解く

厚生労働省の幹部人事を読み解く

「官僚的な規律に従った人事」が復活か

2012年9月7日 元厚生労働省官僚


先日発表されたこの9月の厚生労働省の幹部人事を全体として見ると、世間一般では村木厚子氏の社会・援護局長就任などが話題となっているが、その陰では、旧来からのしきたりに戻ったという意味で、おおむね官僚的な規律に従った人事が行われたという印象だ。主だった人事を取り上げながら、その点を詳しく見てみたい。事務次官は6年ぶりに旧労働省出身阿曽沼慎司事務次官の後任には旧労働省出身の金子順一労働基準局長が就任し、旧厚生省出身で、金子氏と同期の大谷泰夫医政局長は厚生労働審議官に就任する。旧労働省出身で次官就任は戸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。