m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医師不足対策、「一定数の手当ては終了」

医師不足対策、「一定数の手当ては終了」

日医、文科省などの定員増に見解示す

2012年9月13日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師会は9月12日の定例記者会見で、文部科学省の平野博文大臣が、医学部の新設に対し「むやみな定員拡大は、質の問題も含めて慎重にならなくてはならない」との見解を9月11日の閣議後会見で示したのに対し、中川俊男副会長は「日医の主張が理解された」と全面的に賛同する意向を示した。文科省は9月10日に、厚生労働省と連名で、2013年度の予算概算請求における医師養成概要を盛り込んだ「地域の医師確保対策2012」を発表(『来年度、125人の医学部定員の上限引き上げ』を参照)。その中で「医学部新設」や「メデ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。