m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>ノーベル賞、有力候補者に理研の竹市氏

ノーベル賞、有力候補者に理研の竹市氏

医学生理学でトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞

2012年9月19日 島田 昇(m3.com編集部)


トムソン・ロイターは9月19日、ノーベル賞の受賞者を予想するプログラム「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表した。今回の受賞者は計4カ国の21人。このうち、「医学・生理学」の分野で理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのセンター長の竹市雅俊氏が受賞したのを含め、日本人3人が受賞した。医学生理学分野で新たなノーベル賞候補者に浮上した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長トムソン・ロイター引用栄誉賞は2002年に開始し、毎年、発表している。選考分野は、医学生理学のほか、物...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事