m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度、2014年の見直しに遅れか

産科医療補償制度、2014年の見直しに遅れか

専門委員会を新設、補償対象者数の推計実施へ

2012年9月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度運営委員会の第14回会議が9月18日開催され、補償対象者数の推計などを改めて実施するために「医学的調査専門委員会」の設置を決めるとともに、当面の検討スケジュールを確認、さらに本制度の評価や課題を探るために、これまで補償対象と認定された子供の保護者およびその子供の分娩機関を対象に実施するアンケートの内容をおおむね了承した。医学的調査専門委員会は2013年6月頃をメドに結果をまとめる予定であり、その結果を踏まえて運営委員会で補償対象範囲などの検討を行う。産科医療補償制度は、2009年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。