m3.com トップ>医療維新>レポート>「故意による不正請求と認定」、東京医大茨城医療センター

「故意による不正請求と認定」、東京医大茨城医療センター

保険指定の取消処分、地域医療維持の方法は「白紙」

2012年9月22日 池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省関東信越厚生局は9月21日、2008年4月から約1年の間に、約8200万円の診療報酬を不正請求した東京医科大学茨城医療センター(茨城県阿見町、501床)の保険医療機関の指定を取り消すと発表した。同日、センター側に通知した。同センターの保険指定の取消期間は、今年12月1日から5年間の見通し。大学病院の保険指定取消は極めて異例で、同省保険局医療課医療指導監査室によると、現時点で遡れる1998年以降、大学病院の本院と分院を問わず初めて。地域医療へ与える影響は大きいが、今後の見通しは不透明なま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

成育基本法の成立で「今後は実効性ある施策の実現を」 2018/12/19

妊婦の医療費自己負担軽減策「広がるよう要望していく」 2018/12/19

厚労省から指摘で公開停止の糖尿病リスク予測ツール、再公開 2018/12/19

「老害にならないように働く」との声も 2018/12/16

定年退職後の再就職「仕組みあれば登録」が4割 2018/12/16

「薬機法等改正」と「医薬分業」の2本立てで取りまとめ 2018/12/14

「大学病院で最新の医療提供、無理」増税に危惧 2018/12/14

6NC連携、当面は内部で連携組織を構築 2018/12/13

オンライン診療料、迫井審議官が改定の真意語る 2018/12/9

デーモン閣下、厚労省案に「誰も読まない」 2018/12/7

日医、10連休の対応年内に取りまとめ「地方行政に危機感を」 2018/12/6

九大名誉教授・前原氏「外科学、がん治療学でさらに努力続ける」 2018/12/3

ACPの愛称「人生会議」に決定、11月30日は「人生会議の日」 2018/12/3

日病協も消費税問題で要望 2018/12/1

aiboが入院中の小児「癒す」、成育医療研究センターで検証 2018/11/30

四病協、消費税問題で抜本的対策改めて求める 2018/11/28

がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で 2018/11/27

HPVワクチン、副反応疑い報告の傾向に変化なし 2018/11/26

日医初の試み、700人近い医師会役員が一堂に会す 2018/11/25

「終わりのない診断の旅」から患者を救う、カギはデータシェア 2018/11/24