m3.com トップ>医療維新>レポート>東京医大、五つの考え得る選択肢

東京医大、五つの考え得る選択肢

5年を待たず、早期の「再指定」が有力か

2012年9月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


「日本は法治国家。不正行為を行った以上、ペナルティーから逃れることはできず、ルールに則った制裁を受けるのは当然のこと。ただ一方で、その処分に付随して多大なマイナスが生じると困るという側面がある」m3.comの取材に対して9月21日、こう語ったのは茨城県医師会会長の斎藤浩氏。斎藤氏は、地元医師会の立場から、9月21日の東京医科大学茨城医療センターへの行政処分は、単に保険医療機関の指定取消だけにとどまらず、地域医療への影響が大きい問題だと受け止める(処分の詳細は、『「故意による不正請求と認定」、東京...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

地域医療連携のコストは、関係機関全体で負担を 2018/6/22

全自病会長に小熊豊氏、副会長に竹中、望月両氏 2018/6/22

日医、AIと医療で提言、「医療従事者とAIが協調する医療の実現を」 2018/6/21

新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏 2018/6/20

「HPVワクチン接種、一刻も早く積極的勧奨、再開を」 2018/6/20

【6/21復旧状況追記】国循で63人転院、142人一時退院、6人転倒で軽傷 2018/6/19

健康格差に関する行動指針、「三重宣言2018」公表 2018/6/17

外国人診療、「医療機関ではどうにもならない問題」 2018/6/16

「診療報酬を故意に不正・不当請求」、国は答弁書で特定せず 2018/6/14

日医会長選「サプライズを!」、塩見氏 2018/6/14

日病協、「医療費推計そのものの見直しを」 2018/6/13

日医会長選挙、現職横倉氏のほか、塩見氏が立候補 2018/6/13

千葉大病院でCT報告書確認ミス、2人死亡 2018/6/8

薬の広告規制違反でペナルティー強化、「不当利得」返還も 2018/6/7

「医療が取り残されることあってはならない」横倉会長 2018/6/7

精神保健指定医不正申請への行政処分完了、今回は34人 2018/6/7

遠隔服薬指導を含めたオンライン医療推進、規制改革委が答申 2018/6/5

横倉日医会長、4期目目指し出馬表明、注目は副会長選挙 2018/6/3

“割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る 2018/6/2

国がん、国循、長寿が役割や課題を陳述 2018/6/1