m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>診療収益、前回調査比で0.54%の微増

診療収益、前回調査比で0.54%の微増

日病が2012年度改定の影響度調査、規模別で相違

2012年10月2日 池田宏之(m3.com編集部)


日本病院会は10月1日、2012年度の診療報酬改定の影響調査の中間報告を発表した。2011年と2012年の比較で、診療収益は0.54%、診療単価は入院で2.55%、外来で3.06%伸びた。同会は、収益と単価の伸びが連動していないことについて、「延べ患者数の減少が増収抑制または減収の最大要因」と分析。会見した堺常雄会長は、「DPCでは平均在院日数が短い。それが、じわじわ効いているのかもしれない」と話した。「延べ患者数の減少があるため、収益増につながらない」と話す堺常雄会長。2012年度の損益予測で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。