m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>第三者機関、運営資金は医療者の負担

第三者機関、運営資金は医療者の負担

既存専門医からの移行、「ハードル高く」との意見も

2012年10月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿・日本医学会会長)の第12回会議が10月3日開催され、専門医の認定を行う第三者機関について議論、その運営資金については医療者の負担とすることでおおむね合意が得られた。国による財政的支援は、研修施設への支援や研修環境の整備、さらに専門医制度が医師の地域や診療科の偏在解消に与える影響の分析に関する支援などに限り、第三者機関の運営そのものは医師がプロフェッショナル・オートノミーの一環として実施すべきという意見が大勢を占めた。9月に厚労省医政局...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事