m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>日医、理事の勤務医枠は見送り

日医、理事の勤務医枠は見送り

9月からオブザーバーとして理事会に出席

2012年10月11日 島田 昇(m3.com編集部)


日本医師会は10月10日の定例記者会見で、理事に勤務医枠を新設することを検討した結果、新設を見送ることに決めたと発表した。ただ、会長の横倉義武氏の指示で、9月の理事会から日医勤務医委員会の委員長あるいは副委員長がオブザーバーとして出席することになった。理事会の勤務医枠新設を見送ることに決めたと発表する日医常任理事の小森貴氏日医勤務医委員会は今年2月、日医の前会長である原中勝征氏に、日医理事会に勤務医枠を創設することを求める要望書を提出していた(資料は日医のホームページに掲載、PDF:109KB)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。