m3.com トップ>医療維新>インタビュー>患者全体が分かる医師が必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

患者全体が分かる医師が必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

不正請求の是正、まずは実態把握から

2012年10月31日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――そもそも後発医薬品の使用促進を進める理由は何か。薬剤費の抑制が目的であれば、特許が切れた長期収載医薬品の薬価を下げるという方法もありますが、この辺りはどうお考えでしょうか。その辺りはいろいろな考えがあると思います。全体を含めてどのように薬剤費を抑えていくかを考えた場合に、長期収載医薬品などの問題だけでなく、医師の薬の使い方という議論もあるでしょう。高齢化が進み、疾病を幾つも抱える患者がいます。10剤も処方されているようなお年寄りもいるわけです。特に認知症のBPSDのような症状については、「薬...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

都独自の問題を顕在化させ、2040年に備える-河原和夫・東京医科歯科大政策科学教授に聞く◆... 2019/8/20

費用対効果評価、診療ガイドラインでも導入-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.2 2019/8/17

日本レスリング協会のチームドクター歴20年-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研究... 2019/8/16

医療資源乏しい地域の秘策に-江津メディカルネットワーク◆Vol.3 2019/8/14

財政リスクを減らしつつ、資源配分を効率化-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.1 2019/8/10

スポーツ医学の知識を「検定」で広める-日本スポーツ医学検定機構代表理事の大関信武氏に聞く 2019/8/10

病院と診療所の共存共栄を目指す-江津メディカルネットワーク◆Vol.2 2019/8/8

医学部定員減、受け入れざるを得ず-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.3 2019/7/26

病院総合医は“負け組”にあらず、幹部候補生-済生会熊本病院◆Vol.4 2019/7/20

“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.2 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1 2019/7/10

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「東京減点女子医大」を創設したわけースプツニ子!学長と西澤知美理事に聞く 2019/6/8

最新技術の医療への適用、審査制度の見直し必要-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.3 2019/6/8

ITやロボットの活用で技術の汎用化を-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.2 2019/5/30

約40年間、医用工学の研究に従事-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.1 2019/5/22

総長4年の任期中に方向性を-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.3 2019/5/20

単科医科大学との「対等合併or全面的連携」を目指す-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol... 2019/5/10

臓器別専門医と「Win-Win」の関係構築-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に... 2019/5/10