m3.com トップ>医療維新>インタビュー>患者全体が分かる医師が必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

患者全体が分かる医師が必要 - 宇都宮啓・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.3

不正請求の是正、まずは実態把握から

2012年10月31日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――そもそも後発医薬品の使用促進を進める理由は何か。薬剤費の抑制が目的であれば、特許が切れた長期収載医薬品の薬価を下げるという方法もありますが、この辺りはどうお考えでしょうか。その辺りはいろいろな考えがあると思います。全体を含めてどのように薬剤費を抑えていくかを考えた場合に、長期収載医薬品などの問題だけでなく、医師の薬の使い方という議論もあるでしょう。高齢化が進み、疾病を幾つも抱える患者がいます。10剤も処方されているようなお年寄りもいるわけです。特に認知症のBPSDのような症状については、「薬...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医療費のコントロールは可能-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.3 2017/10/22

地域包括ケアでは医療費は削減できない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.2 2017/10/16

地域医療構想でも病床数は減らない-二木立・日本福祉大学相談役に聞く◆Vol.1 2017/10/10

医療には介護の質を上げる役割がある-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.2 2017/10/2

政治の場に「在宅医療の思いを」-島田潔・在宅医療政治連盟会長に聞く◆Vol.1 2017/9/27

地域医療構想「問題は調整の人材不足」-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.3 2017/9/19

医師偏在対策、保険医定数を人口比に-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.3 2017/9/18

「民間病院再編には県立病院も一定関与」-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.2 2017/9/13

「何のために?」を常に考え、舵取り-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.4 2017/9/8

病院間の「調整」、具体的やりとりは水面下-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.2 2017/9/6

医師から弁護士、そして政治家へ-米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.1 2017/9/4

「奈良あんしんネット」を全県下に-広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.2 2017/9/4

京都府全体、「1つの同門」を目指す-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.3 2017/9/4

地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞... 2017/8/31

「入院から在宅」コストではなく尊厳の問題―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.4 2017/8/28

奈良県との関係構築が一番の課題-広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.1 2017/8/25

「3つの重要課題」、第一は地域医療構想-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.2 2017/8/25

次世代への医療継承に貢献-森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.2 2017/8/25

「働き方改革」医師固有の事情を考慮-鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.3 2017/8/23

「医師は労働者」、共通認識で議論を-岡崎淳一・厚労省働き方改革担当参与に聞く 2017/8/21