m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医師の偏在解消で「四つの提言」、横倉日医会長

医師の偏在解消で「四つの提言」、横倉日医会長

日医臨時代議員会、ノーベル賞山中教授にも祝辞

2012年10月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


10月28日に開催された第127回日本医師会臨時代議員会で、冒頭に挨拶した会長の横倉義武氏は、医師の偏在解消に言及、「医師養成数が2008年度から2012年度までに1336人増の8991人になっており、新設医学部の定員数を仮に100人とすると、約13大学分に相当する」との現状認識を示した。医師養成数のさらなる増加の必要性には触れず、今後の偏在解消策として、(1)地域医療の経験を医師のキャリアアップの要件とする、(2)医療訴訟につながるケースを減らし、医療事故を刑事訴追の対象にしない、(3)医師が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。