m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「高点数指導は実態にそぐわず」と日医

「高点数指導は実態にそぐわず」と日医

櫻井副大臣に指導関連で5点の是正要望

2012年10月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の中川俊男氏は、10月28日の第127回臨時代議員会で、指導について発言、現行制度には問題があるものの、制度そのものの抜本的改正ではなく、運用の見直しで対応するとの見解を示し、櫻井充・厚生労働副大臣に対し、「個別指導は数値目標ありきではない」「高点数を理由に集団的個別指導を行うことは医療の実態にそぐわない」など計5点の申し入れを10月19日に行ったことを明らかにした。これは岩手県代議員、小原紀彰氏のブロック代表質問への回答。小原氏は、集団的個別指導について、(1)レセプトの高点数...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。